沿革

沿革

1981年 3月 マウントホリオーク大学教授の山下忠規・暢枝夫妻が主催者となり、アーモスト近郊に住む日本語を勉強したい子供を集め、アーモストのバングスコミュニティセンターで日本語学校を開始
1985年 山下夫妻帰国のため1年間休校
1986年 山下夫妻自宅で学校を再開
1988年 1980年代後半に相次いで当地に進出した日系企業(*)により西マサチューセッツ日本クラブ(通称ジャパンクラブ)を設立*日系企業:Kanzaki Specialty Paper、US Tsubaki、Judd Wire及びMarubeni Pulp & Paper Sales(Marubeni社は1996年まで)
1989年 文部省より在外教育施設(補習授業校)として認可を受ける
1999年 6月 マサチューセッツ州法人(英文名 Amherst Japanese Language School Inc.)として登録
内国歳入庁(IRS)より非営利団体として認可を受ける
2000年 5月 山下忠規校長が日本政府より勲三等瑞宝章を受章
2008年 4月 北之台雅楽会が来校し、雅楽鑑賞会を開催
2009年 海外子女教育振興財団機関誌「海外子女教育」に本校紹介記事掲載
2013年 3月 山下忠規校長・暢枝教頭夫妻が退任
2013年 4月 斉藤真氏が第2代校長に就任。学校総会の設置、運営委員会の機能変更により、運営体制を見直し
2013年 7月 山下忠規前校長が名誉顧問に就任
2014年 9月 新校舎に移転