みんなの会

みんなの会

「みんなの会」とは、本補習校の授業時間後、行っている学校集会のことで、生徒、保護者、教師の一同が集まり、同じ時間を共有するという目的から、「みんなの会」と呼ばれています。また、この会は、子供達の日本語での学習を多角的にサポートする場として機能するよう運営されています。

生徒たちは、学年単位ではなく、幼稚園から中高生までの10人程度毎に構成された班に分かれ、班ごとにブランケットを敷き、「体育座り」をして会に参加します。各班では、その班の最高学年の生徒が班長をし、小さい子供を率いることで、班としてのまとまりや自主性、責任感を育む場となっており、下級生や小さな子供も、上級生と一緒になって話を聞きます。また、同じような目的から、「みんなの会」の司会は、小学5年生以上の生徒が持ち回りで行っています。「みんなの会」の活動としては、校長の話や係からの連絡事項の他、歌や踊り、日本語の音読教育やパブリックで日本語を使うことに慣れるという目的の「朗読会」もあり、各学年は、各学期に一度、皆の前へ出て学年で選んだ題材の朗読をします。